製品

守袋【柿】

¥2,500 +税

「柿=嘉来(よろこび来る)」という語呂合わせから、福を招く大変おめでたい柄として江戸の頃より使われてきました。地方によっては「柿取る=(福を)かき取る」という縁起が込められる事もあるようです。元々ビタミンなど栄養価が高く、人々の秋冬の健康を支える大切な食物として食されてきました。

商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

守袋は、江戸時代の人々がお守りや護符を入れるために懐中に忍ばせていた小袋です。江戸町人の間では、各々が好みの縁起柄を袋に染め抜き、その粋を競ったという謂れがあります。

ポンピン堂の守袋は、昔ながらの織布に伝統的な「型染め」の技法を用いて手仕事で柄を染め抜いています。アクセサリーやデジタル機器、身の回りの大切なものを入れる袋としてお使いください。

追加情報

本体寸法

横:9.5cm
縦:13.5cm
(手染め製品のため、製品によって数ミリ程度大きさが変わる場合があります)

パッケージ寸法

専用桐箱入り
縦17cm × 横11.5cm × 厚み2.2cm

素材

表地:綿100%
裏地:ポリエステル100%
紐:レーヨン100%

製品の特性

手仕事(型染め)で一点ずつ製作しているため、柄の風合いに若干の違いがございます。

お取扱いの注意点

手染め製品のため、濡れた状態で放置されますと、色移り等の可能性があります。ご注意ください。